【地元を元気にするプロジェクトin中津川】

〜若者と地元企業の交流会〜
恵那、中津川市の企業40社が集まりました。

中津商業高校、坂下高校などの生徒さんが参加していたくれました。

来場者数としては、今一歩でしたが、来場された生徒さんにとっては

良い機会だったのではないでしょうか。

当社団は、適性検査コーナーとして

来場された学生さんに15分程度で、検査とフィードバックをしました。

能力・興味・価値観の3つのうちから1分野を選択してもらい

実施したのですが、生徒さんは、

「何が向いているのかわからないので 良い機会になりました。」

「自分は自信がないので、就職活動もどのように始めていいのかわからなかったのでやってよかった。」

と、言っていかれました。

 

適性検査を実施してから、適性に合った仕事がありそうな企業のブースで

説明を聞いてもらうように誘導をさせて頂きました。

あとで、適性検査を実施した後、企業説明を聞いた生徒さんに感想を聞くと、

「とても、良かったです!」と、笑顔で答えてくれました。

 

やみくもに、あっちもこっちも座って話を聞くことも、何も聞かないよりは、良いのですが

もっと良いのは、自分自身の方向性を仮でもいいので、決めてから、

あるいは、自分の適性を考えてから企業で話を聞くと、合っているのか合っていないのかの

判断基準ができるのにな、と、いつも思います。